Skip to content

ニキビ治療は皮膚科と美容皮膚科では方針が異なる

ニキビは皮膚の病気なので、一般的な皮膚科でも治療しています。

しかし美容皮膚科でもニキビ治療を希望する患者が多く、皮膚科で治療方針に不満がある人が多く訪れます。一般的な皮膚科はニキビの炎症が治まる治療を行います。塗り薬や飲み薬で炎症を抑制するのが主流です。ニキビを治す機器は保険適用でないので、治療方法は多くありません。一方、美容皮膚科はニキビの炎症を改善するだけでなく、根本的な原因を突き止めて治療後の生活習慣まで指導します。

保険適用でない治療がほとんどなので、最先端の機器や薬剤で治療を進めます。電気や高周波、ケミカルピーリングなど患者の希望に合わせて治療方法を提案します。薬剤は肌質を改善する効果があり、ニキビのできない生活を教えることで体の中からニキビとは無縁になります。治療費をできるだけ安くしたい人は、一般的な皮膚科でも科学的根拠に基づいて治療をするので問題ありません。しかし繰り返すニキビは皮膚科が処方する塗り薬や飲み薬だけでは解決しにくいです。

美容皮膚科は費用は高いですがニキビができにくい肌を作れば、肌荒れで病院に行くこともありません。毎年決まった時期に肌荒れに悩む人は、肌質を改善する必要があります。患者に適した治療法を見つけるために、美容皮膚科ではカウンセリングを重視していることが多いです。肌の状況や生活習慣などを総合的に判断するため、カウンセリングの時間は長めにとってあります。
大阪の皮膚科で肝斑治療のことならこちら

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *