Skip to content

美容皮膚科でのホルモン治療

美容皮膚科ではアンチエイジングとしてシミやシワの治療も行っています。

アンチエイジングで注目されているのがヒト成長ホルモンを投与することです。人間は年をとるとホルモンの分泌量が減って、老化が促進されます。体内で分泌しているホルモンの種類は100以上ありますが、その中でも影響力が強いのがヒト成長ホルモンです。脳下垂体から分泌され、青年期をピークに減ります。人間の体を作るタンパク質を合成したり脂質の代謝を促進したりします。

心身の健康を守るホルモンで、これを補充することで10年前の若い自分に戻ることが可能です。ホルモンバランスが乱れていないかをチェックするために、治療中は月に1回血液検査や現状報告のために美容皮膚科に通います。ホルモンを補充して2週間~3週間で体が元気になって気持ちが軽くなり、1ヶ月後には肌にハリが戻るのでシワが薄くなります。女性は部分的な若返りを期待することもありますが、ヒップやバストにハリが出てボリュームもアップするので、見た目の変化に満足しやすいです。

治療は6ヶ月間で終了します。この時期になると細胞の代謝レベルが10年前と同じくらい活発になるため、太りにくかったり疲れが顔に出なくなったりと若いイメージを与えます。他にも美容皮膚科では男性用のテストステロンや女性用のエストロゲン、プロゲステロンなどのホルモン剤を処方できます。患者が足りないホルモンを補うことで、健康的に美しさを取り戻します。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *