Skip to content

不動産の原状回復は法律で定められています

アパートやマンションなどを賃貸していて、引越しなどで賃貸契約が終了となる場合に発生するのが原状回復です。

この原状回復については賃貸人も誤った解釈をしている人も多く、中には全て借りる前と同じ状態にして戻すと思っている人もいますが、様々な判例の中できちんとその範囲が明記されています。原状回復はそもそも賃貸人が住んで生活している時に発生した損耗や毀損を復旧する事となっていて、その中には住んでいる時に自然に発生する汚れや傷などから色褪せは原状を回復する必要はないという判断が一般的です。

具体的に説明しますと、冷蔵庫やテレビの背面の壁に電気やけと言われる黒ずみや、家具の設置によって出来た設置あとや日差しで色褪せたフローリングの張替えなどは原状回復には含まれないのです。部屋の壁にポスターを画鋲で貼った穴も対象にはならないのですが、壁に棚を設置した鍵やネジの穴などは逆に回復の対象となってしまいますので注意が必要です。

こういうトラブルを回避するためには、大切な事は必ず入居前に部屋の現状を隅々まで丁寧にチェックして、気になる箇所があれば写メなどで撮影して入居前にオーナーや仲介業者に提示しておくと安心です。入居中も丁寧に使用するだけではなく、掃除なども行なう事は賃貸人には義務として課せられていて、手入れを怠った場合の汚れなどは場合によっては原状回復を賃貸人に負担を請求される可能性もありますので気をつけて欲しいです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *