Skip to content

原状回復のためにクリーニングは必要?

原状回復のためにクリーニングが必要かどうかは、ケースバイケースです。

一般的に、原状回復費用の相場上限は家賃の2カ月分~3か月分と言われています。基本的には、それ以上の費用が請求されることはありません。しかし、例外的にそれ以上の費用が請求された事例もあります。代表的なのが、禁煙の部屋でものすごくタバコを吸ったケースです。ヤニ汚れ・臭いがクリーニングをしても落ちなかった場合には、クロス張替えの費用などは基本的に入居者負担となります。

クロスや天井をすべて張り替える場合には、家賃の3カ月分を超える可能性があります。原状回復費用が高額になりそうなときには、自分でクリーニング業者に依頼をするというのも1つの方法です。なにもせずに汚れたままにしておいたら、高額な費用を請求される。そんなとき、クリーニング業者に依頼をすることでトータルの費用を減らせそうなら検討する価値があります。クリーニング業者は基本的に掃除をすることがサービスであり、原状回復には対応していないこともあるので、まずは問い合わせをしてみましょう。

中には原状回復の相談にのってくれる会社もあります。最近では、「汚れの程度に関わらず、退去時にクリーニング代を支払う」という特約がついていることもあります。その場合には、二重の負担にならないようにしなければなりません。同じ内容の清掃を2回してもあまり意味がなく、コストが2重にかかるだけです。入居時に結んだ賃貸契約書の内容を確認してみましょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *