Skip to content

原状回復は一体どこまで必要なのか

借りていた部屋を退去することになった時、多くの人の脳裏をよぎるのが原状回復は一体どこまで必要なのだろうかという点かもしれません。

トラブルを回避するためにも、原状回復の意味するところをはっきりと理解しておくのは重要なことでしょう。勘違いすべきでない点の一つは、原状回復と言っても借りた時と同じ状態に戻すことを意味しているわけではないということです。国土交通省から出されているガイドラインに基づいて考えると、普通に住んでいて生じた汚れや傷みを直したり、畳が日に焼けたといった経年変化を直すための費用は貸主の負担ということになります。

言い換えれば、借りた側が畳やクロスの張替えを負担する必要はないということです。とはいえ、借主の不注意で雨が吹き込み、フローリングなどの色落ちが起きた場合、適切な手入れや管理をしなかったという意味で、借主が負担することになっています。さらに、洗面台や風呂のカビや水垢などに関しても、清掃や手入れを怠った結果として汚れや傷みが生じたものであれば、借主が適切な管理を怠ったということで原状回復に伴う費用を負担しなければならないことがあります。

退去時に、原状回復に関するトラブルを避けるためには、入居時にしっかりとチェックしておくことが必要です。特に大家さんや管理会社の立ちあいのもとで確認をしておくなら、もともとついていた汚れや傷みなのか、それとも後でついてしまったものなのかを正しく判断することができるでしょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *