Skip to content

原状回復を行う際に気をつける点とは

原状回復を行う際には賃貸人の請求を鵜呑みにせず、自分が負担しなければならない費用についてしっかり確認を行うことが大切です。

本来であれば原状回復が必要になるのは通常損耗を超える損耗や毀損に限られています。賃借人に故意や過失があり何らかの問題が発生したのでなければ、原状回復義務を負う必要はありません。賃貸人から提示される修繕工事の見積りには、通常損耗分が含まれていることがあります。またマンションなどでは、エレベーターのような共有部分の修繕費用が含まれているケースも見られます。

通常損耗分や共有部分の修繕は賃貸人が負担すべきものであり、費用は毎月の家賃に含まれています。特約で賃借人が負担することになっていないのであれば、支払う必要はありません。賃借人は不動産や建築に関する知識がないのが一般的なため、賃貸人の言いなりになってしまうケースが多く見られます。しかし支払う必要がない高額な費用を請求されて、敷金が戻らないなどのトラブルが発生しているので注意が必要です。

基本的に故意や過失によって建物に損耗・毀損が生じていないのであれば、修繕費を負担する必要はありません。日照の影響で畳やクロスが変色することがありますが、通常使用による経年劣化なので修繕は賃貸人が行います。新しい入居者を確保するために網戸や浴槽を交換するような場合も、賃貸人が費用を負担します。原状回復を求められた場合には、本当に負担義務があるかどうかをしっかり確認することが大切です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *