Skip to content

オフィスビルの原状回復は複数の作業条件があります

事務所用としてオフィスビルの1部屋を借りていた事業者が、移転をすることを検討した際には、既に使っている物件の原状回復について事前に考慮することが必要です。

敷金を支払っていることになるので、不足している部分は管理会社から実費で支払いを要求されることが多いので、少しでも経費を少なくすること、あるいは敷金を取り戻すためには複数のチェック項目があります。原状回復の考え方は簡単で、借りる前の状態に戻すだけの条件です。この条件だけ見ると、汚れが付いていることで諦めてしまう方もいますが、実際には物件を普通に使っていて、普通に劣化をしていく部分に対しては原状回復の義務は生じません。

従って、普通のクロスの汚れや床のタイルの汚れや小傷の場合は自ら負担することを必要とせず、水周りの設備も自然に劣化を起こしている部分は対象外です。どのような作業を行うのかと言えば、全ての物品や機材類の撤去を行い、一定の掃除を済ませておく方法です。作業条件の中には故意や過失により傷を付けてしまったり、穴を開けてしまった場合に適用されるので、撤去作業は慎重に行うべき行動です。

オフィス用品やOA機器類が多いオフィスの場合は、引越しを専門に引き受けている会社があるので、移転先でもスムーズな設置を行えます。最終的にはスケルトン状態となったオフィスを掃除するのですが、面積が広い場合や落としたい汚れが落とせない場合は、プロのハウスクリーニング会社に相談をすると、素人では無理な汚れも綺麗に落としてもらえます。このような作業を実施すると、原状回復義務は十分に満たせる可能性が高く、修復費を支払うのではなく逆に敷金が戻るかもしれません。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *