Skip to content

原状回復でトラブルを無くすための注意点

一般的に、原状回復を行うときには賃貸借契約の時に預けておいた敷金を利用することになります。

この敷金の利用に関しては、賃貸人が自由に使っていいというわけではありません。きちんと、原状回復に必要な部分だけ利用することが求められていますので、間違った使い方をしてしまうとトラブルになる可能性が高くなります。例えば、賃借人が部屋を退出するときにそこまで汚い状況になっていないときには、基本的には敷金からお金を出すことが認められていません。そういった通常の範囲内で清掃などができると考えられる場合には、本来はお金は賃貸人が出さなくてはいけないようになっています。

そもそも、賃借人が部屋を借りられる状態にするという法律的な義務は、所有者である賃貸人に存在します。生活をするために必要不可欠な付帯設備など、基本的な日常生活に必要なものは不動産の価値にも影響が出る可能性があるからです。賃借人は、あくまでも部屋を借りた状態に戻せば良いだけなので、それ以上のことをする必要はありません。

当然ですが、先に預けておいた敷金もその目的の範囲内で利用することになりますので、特別な契約などが存在しない限りは原状回復を理由として好き勝手に敷金は利用できないようになっています。近年では、敷金の解釈を間違っている現状も多いですが、法律的には部屋の原状回復はあくまでも話し合いによってどちらが支払うのかを決めなくてはいけないものです。このことを、忘れないように取り決めを考える必要があります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *