Skip to content

退去時に全て原状回復するわけではないです

法律では、人からものを借りた場合には返却する場合は、元通りにして戻す原状回復義務が借主には負わされていて、これは部屋を賃貸した場合でも同様です。

丁寧に保管する事や、工作物を設置する場合には事前に所有者の確認が必要になり、契約にない行為や契約違反をした場合には損害賠償を請求される場合もあります。例えばペットを飼うのが禁止されているのに勝手に飼って部屋に臭いなどをしみつけると、その臭いの除去や消毒をする費用は借主が負担して原状回復を行うことになります。ですが借りていた部屋を退却時に明け渡す際に汚れや傷の程度があいまいでトラブルになるケースがあります。

そこで国のほうでは原状回復の原則と具体的なガイドラインを作っていて、これが基準となっています。原状回復の原則としては、不動産の価値は年月が経過する事や使用によって減少していくのが当然という考え方です。普段通りにきちんと生活をしていて手入れを怠らない中で発生するフローリングの色あせや、家具などを置いた後の設置後ですとか冷蔵庫の後ろの壁の電気焼けなどがこれに当てはまり、これらを補修する場合はその費用負担は貸主が負担することになります。

撤去後に行う部屋全体のハウスクリーニングも本来は貸主が費用負担するのが一般的ですが、まれに契約書の費用負担に借主が負担する旨の特約が記載されている場合がありますので、事前の需要事項説明時や契約の段階では確認をする必要があります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *