Skip to content

敷金を全額回収するために重要な原状回復

原状回復とは、部屋を借りたときの状態に戻すことです。

しかし、建物は自然に劣化していくものですので、自然な劣化については大家さんの負担になります。経年劣化や通常の摩耗などのことです。原状回復費用の相場は、一般的に家賃の2カ月分~3カ月分が上限と言われています。もちろんケースバイケースであり、それ以上の費用が請求されることもあります。

一般的には家賃の3か月分以上の請求は過度と判断されやすいので、請求があった場合には弁護士などに相談をするのがいいです。原状回復に関するトラブル報告は多いです。トラブルを避けるためには、原状回復はどこまでというラインを理解しておくことが重要です。1つの重要ポイントは、「社会的に通常期待される範囲で管理をしたかどうか」ということです。自然災害によってガラスが割れた場合などには、大家さんの負担となります。

耐用年数が経過したことによって設備が故障した場合なども、経年劣化によるものなので大家さん負担です。ペットが壁に傷をつけた、子供のおねしょ、飲み物をこぼしたなどは借主の責任となります。「社会的に通常期待される範囲」を超えているからです。敷金を全額回収するためには、日常から掃除を心がけておくことです。

コーヒーなどを飲むときにも、こぼさないように注意を払いながら生活をしましょう。買ったばかりの綺麗なマンションなら、こまめに掃除をして飲み物を飲むときにも細心の注意を払います。いつまでも買ったばかりの綺麗な部屋に住んでいるつもりで生活をするのがコツです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *